借地権を相続したら

親族が亡くなった際には相続の問題が発生します。その際に親から譲り受けた土地が、実は第三者より借りていた借地であることが初めて判明することも珍しくありません。現在では少なくなりましたが、昔は地主から土地を借り、そこに家を建てて暮らしている人も多くいました。しかし、こういった場合の土地の扱いについてどうしたら良いかわからない、管理ができないから売却したいといった問題が出てくるでしょう。

元々の土地は地主のものです。そこに家を建てているわけですから、借地権付きの建物を相続してしまった場合、様々な問題が発生する可能性があります。相続した土地や建物をそのまま使用したい場合、元の借主が亡くなったからといって突然追い出されることはありません。しかし、今の借地権が誰にあるのかを明確にしておかないと後々トラブルになる可能性があるため、地主に直接借地権を相続したことを伝えましょう。地代が値上がりしたり、契約内容が変わることはありませんが、契約内容をそのままにして相続人の名義で新たに土地賃貸借契約書を締結したほうが良いです。

しかし、家の老朽化や管理できる人がいないため空き家になってしまうという場合や、借地権を売却したいといった際には地主とトラブルになる可能性もあります。そのため、あらかじめ借地権についての知識を持っていると役に立つことがあるでしょう。当サイトでは、借地権を相続したけれども売却を考えているという時にどのような対応をすればいいのか紹介しています。