借地権の売却は可能?

親から譲り受けた土地が借地だった場合、そのまま継続して土地を借りながら暮らすこともできますが、既に家を出ていて管理できる人がいなかったり、建物の老朽化が気になっているという場合にはこの機会に土地を手放したいと考える人もいるでしょう。

第三者である地主から土地を借りる権利である借地権は、借地権所有者が死亡した場合、他の財産と同様に親族へと相続ができます。もちろん、財産の相続に当たるため借地であっても相続税は発生します。また、兄弟が複数人いる場合、複数で相続することも可能ですが、相続登記を終えた後に誰かが売却を考えた場合、売却は非常に難しくなってしまいます。そのため、借地権については他の財産も含めて調整しながら相続する人の名義は一本化しておくほうが良いでしょう。それにより、もしその後借地権付建物を売却することになったとしても、トラブルが少なくスムーズに進めることが可能です。また、借地権と借地に建てられている建物を別々の名義で相続することは原則できかねるため、注意が必要です。

借地権の売却は、地主との関係もあるためとてもデリケートな問題ではありますが、売却すること自体は可能です。なかなか自分で解決をするのには労力や時間が必要なため、その際には専門家に協力を仰いだほうが良いでしょう。