Category Archives: 未分類

売却は専門家へ相談

借地権付物件を相続したものの、管理が難しく空き家になってしまう、家の老朽化もあってこの際だから手放したいと考えている場合、借地権を売却してしまうという方法があります。もし、借地権付物件を手放したい場合にはどのようにしたらいいのか紹介します。

借地権付物件は、元の土地は地主のものなので取り扱いが非常にデリケートな物件でもあります。そのため、なかなか通常の不動産屋でも手を出さないところが多いのが現状です。借地権を売却するには地主の承諾が必要になります。そのため、まずは地主との交渉が必要になりますが、その他にも土地の査定価格について納得がいかないなどの理由でトラブルに発展することも少なくないようです。そのため、借地権付物件を売却する場合には借地権買取の経験豊富な底地取扱店などに任せてしまうことをお勧めします。

底地取扱店では、地主との交渉も代行してもらえたり、無料相談や無料査定を行っているところもあります。忙しくて借地権の売却に時間を取ることができない場合や、遠方に住んでいて管理ができないといった人でも底地取扱店を間に入れることで余計な時間や手間が省けます。土地の扱いに関して知識が深いスタッフや法律に詳しい専門家などが揃っているところもあるため、まずはインターネットなどで検索してみましょう。

~借地権関連情報~
http://www.syakuchi-soudan.com/souzoku.html
└借地権に関する相談が無料で出来る「ピタットハウス」のサイトです。

借地権の売却は可能?

親から譲り受けた土地が借地だった場合、そのまま継続して土地を借りながら暮らすこともできますが、既に家を出ていて管理できる人がいなかったり、建物の老朽化が気になっているという場合にはこの機会に土地を手放したいと考える人もいるでしょう。

第三者である地主から土地を借りる権利である借地権は、借地権所有者が死亡した場合、他の財産と同様に親族へと相続ができます。もちろん、財産の相続に当たるため借地であっても相続税は発生します。また、兄弟が複数人いる場合、複数で相続することも可能ですが、相続登記を終えた後に誰かが売却を考えた場合、売却は非常に難しくなってしまいます。そのため、借地権については他の財産も含めて調整しながら相続する人の名義は一本化しておくほうが良いでしょう。それにより、もしその後借地権付建物を売却することになったとしても、トラブルが少なくスムーズに進めることが可能です。また、借地権と借地に建てられている建物を別々の名義で相続することは原則できかねるため、注意が必要です。

借地権の売却は、地主との関係もあるためとてもデリケートな問題ではありますが、売却すること自体は可能です。なかなか自分で解決をするのには労力や時間が必要なため、その際には専門家に協力を仰いだほうが良いでしょう。

借地権を相続したら

親族が亡くなった際には相続の問題が発生します。その際に親から譲り受けた土地が、実は第三者より借りていた借地であることが初めて判明することも珍しくありません。現在では少なくなりましたが、昔は地主から土地を借り、そこに家を建てて暮らしている人も多くいました。しかし、こういった場合の土地の扱いについてどうしたら良いかわからない、管理ができないから売却したいといった問題が出てくるでしょう。

元々の土地は地主のものです。そこに家を建てているわけですから、借地権付きの建物を相続してしまった場合、様々な問題が発生する可能性があります。相続した土地や建物をそのまま使用したい場合、元の借主が亡くなったからといって突然追い出されることはありません。しかし、今の借地権が誰にあるのかを明確にしておかないと後々トラブルになる可能性があるため、地主に直接借地権を相続したことを伝えましょう。地代が値上がりしたり、契約内容が変わることはありませんが、契約内容をそのままにして相続人の名義で新たに土地賃貸借契約書を締結したほうが良いです。

しかし、家の老朽化や管理できる人がいないため空き家になってしまうという場合や、借地権を売却したいといった際には地主とトラブルになる可能性もあります。そのため、あらかじめ借地権についての知識を持っていると役に立つことがあるでしょう。当サイトでは、借地権を相続したけれども売却を考えているという時にどのような対応をすればいいのか紹介しています。