売却は専門家へ相談

借地権付物件を相続したものの、管理が難しく空き家になってしまう、家の老朽化もあってこの際だから手放したいと考えている場合、借地権を売却してしまうという方法があります。もし、借地権付物件を手放したい場合にはどのようにしたらいいのか紹介します。

借地権付物件は、元の土地は地主のものなので取り扱いが非常にデリケートな物件でもあります。そのため、なかなか通常の不動産屋でも手を出さないところが多いのが現状です。借地権を売却するには地主の承諾が必要になります。そのため、まずは地主との交渉が必要になりますが、その他にも土地の査定価格について納得がいかないなどの理由でトラブルに発展することも少なくないようです。そのため、借地権付物件を売却する場合には借地権買取の経験豊富な底地取扱店などに任せてしまうことをお勧めします。

底地取扱店では、地主との交渉も代行してもらえたり、無料相談や無料査定を行っているところもあります。忙しくて借地権の売却に時間を取ることができない場合や、遠方に住んでいて管理ができないといった人でも底地取扱店を間に入れることで余計な時間や手間が省けます。土地の扱いに関して知識が深いスタッフや法律に詳しい専門家などが揃っているところもあるため、まずはインターネットなどで検索してみましょう。

~借地権関連情報~
http://www.syakuchi-soudan.com/souzoku.html
└借地権に関する相談が無料で出来る「ピタットハウス」のサイトです。